Projects

Arctic Eden - Arctic National Wildlife Refuge / 極北のエデンー北極圏国立野生生物保護区

Since 1998, Izuru Toki has spent time in the Arctic Refuge almost every year, trying to caputure the essence of this cold Eden. Soon after he started this project, change of American administration brought pressure for oil development in this area, and Arctic National Wildlife Refuge became the name of unprecedented environmental dispute.
He believes the Arctic Refuge is a treasure not only for peoples who have long lived around the area, but for the whole human being including our future generations. His photographs and articles appear in different magazines, post cards and calendars, and he gives lectures, slide shows in many occasions. /
土岐 帆は1998年以来毎年のようにアークティック・レフュージ(北極圏国立野生生物保護区)を訪れ、この冷たいエデンの本当の姿を捉えようとしている。彼がこのプロジェクトをはじめてまもなくして、米国の政権交代によりこの保護区での石油開発の圧力が高まった。アークティック・レフュージは長年その地域に住んできた人々にとってだけでなく、未来の世代を含めた全人類の宝であると彼は信じている。彼の写真と文章は数々の雑誌やポスト・カード、カレンダーなどになっているほか、いろいろな機会に講演やスライドショーを行っている。






Ancient Journey - Seasonal migration of Porcupine Caribou / 太古からの旅ーポーキュパイン・カリブーの季節移動
 
As Izuru Toki started Arctic Refuge porject, he was deeply impressed by the migration of 120,000 Porcupine Caribou. They travel more than a few thousands miles every year over frigid
Brooks Range to the Coastal Plain of Arctic National Wildlife Refuge, crossing rivers and lakes - journey that has been repeated thousands of years. Wolves, bears as well as people who are so dependent on them interact with the migration. He says; 'Following the herd was seeing the very essence of the Arctic and its eco system. /
アークティック・レフュージのプロジェクトをはじめると、土岐は12万頭ものポーキュパイン・カリブーの季節移動に深く心を動かされた。カリブーたちは、川や湖を渡り、凍てつくブルックス山脈を越え、北極圏野生生物保護区の海岸平原まで毎年数千キロもの旅をする。何千年ものあいだ繰り返されてきた旅だ。オオカミやクマ、そして人間も、カリブーに依存してきた者たちはみなこの季節移動と行動をともにする。「カリブーの群れを追いかけることは北極圏の自然そのものの神髄を見ることだった。」と彼は言う。






Island of Umingmak - Banks Island / ジャコウウシの島ーカナダ北極圏バンクス島

 In summer of year 2000, Izuru Toki visitied Banks Island for the first time to photograph the musk ox. He was in love with this ancient looking ungulate that had adapted to the extreme climate of the Arctic so well. With endless rolling hills and without any rugged moutains, Banks Island may not be the most photogenic in general point of view. But Izuru Toki was struck by the stillness of the Island. He wrote, 'the land was embraced by its acient serenity that might never have been disturbed for thousands of years. And I thought this serenity might well be the secret of the musk ox's survival to the present days.' /
土岐帆は2000年の夏にジャコウウシを撮影するためにバンクス島をはじめて訪れた。彼は北極圏の極限の気候にみごとに適応したこの有蹄動物にすっかり魅せられていた。うねるような丘が延々と続き、険しい山などのないバンクス島は一般的には必ずしも写真向きの島ではなかろう。しかし土岐はその島の持つ静寂感に打たれた。「大地は何千年ものあいだ途切れることのなかったような静寂に包まれていた。ぼくはこの静寂こそがジャコウウシが今日まで生き延びてきた秘密なのかもしれない、と思った」と土岐は書いている。




Okhotsk Rim Project / 環オホーツクプロジェクト

Izuru Toki has been photographing Hokkaido for more than 15 years. In year 2005, his concern over ever-increasing pressure of oil and gas projects in Okhotsk Sea region lead him to Sakhalin. He noted; 'Sakhalin is definitely one of the most prestine corner of the world but is losing its valuable habitats very rapidly. Japanese companies and our public money also are taking full part in it .' He is working with some group of people, trying to ensure the sound future of Sakhalin and Okhotsk Sea region, and intends to document other parts of Okhotsk Rim to enhance the wareness of people on this region. /
土岐 帆は15年以上に渡って北海道の写真を撮り続けている。オホーツク海地域で加速する石油・天然ガス開発を心配していた土岐は、2005年にサハリンを訪れた。「サハリンは間違いなく世界有数の無垢の大自然が残る地域だが、急速にその貴重な環境を失いつつある。日本企業とわれわれの公共のお金も全面的に関わっている。」と彼は言う。彼はいろいろな人たちと協力して、なんとかオホーツク地域の健全な未来を実現しようとしており、環オホーツク地域の他の地方もドキュメントして人々のこの地域への意識を高めたいと考えている。
Get Adobe Flash Player
 ※最新のFlash Playerをダウンロードしてください。 FLASH / HTML
※Windows 95/98/Me/NTをご利用の方はHTML版のページをご覧ください。